【作品解説】ツクポケ新作 ミニ原画編

ご訪問、ありがとうございます。

前回の記事はイベント告知のみだったので、新作についてこちらでお話しようかと思います。

今回のツクポケは、出す作品の縛りがありまして。

初めてミニ原画を作ることになりました。

で。何を描こうかなーって…。

ふと猫って丸まるよね、と思いつきました。

Googleで「猫 丸まる」とか検索かけて画像を見てたら…。

丸まった猫のことを『アンモニャイト』という単語が!

おおΣ(・□・;)!

可愛いニャーん(^^♪

ということで、描くことにしたわけです(どんなん…)

ただ猫を描くだけではつまらないし、猫描き作家さんでもないので。

自分らしさを出すためにも、星空にスケルトン技法(勝手に名付けw)で描くことにしました。

でね、猫とくれば犬もどうなんだろう?と思ってね。

調べましたら、やっぱありました!

『ワンモナイト』ですって!!カワイー(。・ω・。)ノ♡

そうこうするうちに、思いついちゃったんですよ。

【アンモニャイト/ワンモナイトは星空の夢を見るか】

っていうタイトルをね(笑)

…え?これがどうした??

って人が多いか。(;^ω^)

むかーし、読んだSF小説に『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(フィリップ・K・ディック著)という作品がありまして。

このタイトルにあてはめてみちゃったりなんかして( ´∀` )

ひとりでウケてました~。

しかし、このタイトルは付けるわけには…ということで、ちゃんと別のものを考えました。

さて、お次はミニ額です。

100円均一のお店で定番の正方形サイズを購入。

最初はそのままで…と呑気に思ってたんですけど、なんか今ひとつ?と感じたので。

アクリル絵具で着色しました!

こげ茶色なので、100円の額には見えない…かもしれないって感じになったかと。

色付けてから紙やすりでこすってます。

ということで、完成です(^^♪

あまり動物を描いてないので、ある意味レアというか…。

どなたかの心に刺さるといいなぁ~。

左:ねむるいぬ星・右:ねむるねこ星

 

最初は5cmの正方形サイズに描くのは、ちょっときついんじゃないかなーとか思ってたんですけど。

老眼あるし。

でも、描いているうちにサイズに慣れるんですねぇ。

なんとか細かいところも、星空の滲みもうまくコントロール出来たと思います(^▽^)

一度経験すると、苦手意識というか、敷居の高さはなくなるので、気軽にチャレンジできますよね。

クリマにミニ原画だすのもいいかもなーと思ったりもしています。

(今年もクリマ46に出展します。なので、こんなサイズの作品出してとかリクエストあったらお気軽にお問合せからお知らせくださいね)

 

このミニ原画は2022年3月18日(金)~4月14日(木)までの販売になります。

その次の期間はATCに変わってしまいますので、ご注意ください。

イベントの詳細についてはコチラの記事を参考にしてくださいね。

 

 では、良き出会いがありますように。

お読みくださり、ありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください