そういう状況があるだけ

ご訪問、ありがとうございます。

ふとした時に頭に言葉が浮かぶことがあるのですが

今日はこんな言葉でした。

『そういう状態、状況がソコにあるだけ』

良いこと、悪いこと

 

この浮かんだ言葉には前置きがありまして、

それがこの目次にも表した通りです。

良いことも、悪いことも、そういう状態・状況が

あるだけのこと

…こんな感じの言葉が浮かんできました。

こういうのって、一体どこからやってくるんでしょうね?

無意識…なのかな。

潜在意識の部分。

フロイト先生曰く、顕在意識と潜在意識の間には

『前意識』なるものがあって

潜在意識は自分ではわからない部分だけど、

前意識はわかることもある部分…

(そんな説明でよかったかな(;^_^A?)

その部分から上がってきたものを

顕在意識が言語化しているのかなー?と

私は思っています。

で、あの前述した言葉。

反芻した時に「あー、そうなんだよなぁ」と

納得しました。

そもそも、良い・悪いの判断は

その人の価値観に由来するものですよね。

出来事というのは、ただ起こっているだけだし。

状況だって、自然とそうなっただけだろうし。

良いという判断をした出来事が起きた

悪いという判断をした状況になった

…そういうことなだけ、なんですね。

見つめるのは誰?

 

それで、一体誰がその状態・状況を判断したのか?

……あなた、です。

他の誰でもない、自分なんですね。

 

極端な話、大怪我して命が危ない時でも

それを良しとするならば、

心では「いや、よかった。こうなって」と

思うわけですね…(;^_^A

それとか、周りの人から褒められても

それが悪いことと思うなら

「いや、なにこの最悪な状態!」って

なるわけですよ…(-_-;)なんか哀しいな、書いてて。

あ、でも、まさにそうなんですよね。

自分自身の捉え方次第

 

結局、自分がどう物事を捉えるか、考えるかで

生きやすさが断然違ってくると思うのです。

例えば、転んじゃったとか、怪我して痛いのだって

その時のその経験は悪いことだって思うけど、

家族や他の人から大事にされているのが

実感としてわかったりしたり、

同じような怪我をした人の気持ちに寄り添うことが

出来たり…と。

悪い出来事だと思っていたことでも

見方や時期やタイミングなんかで

良い部分も含まれていることがわかる。

このように出来事には良いことも悪いことも

含まれているんだから

ある意味公平というか…平等というか…

自然というか…ただ『ある』ことなのかなと

思います。

ん?よくわかんない?

わかんないけど、わかんないなりに考えるのが

大切なので、こんなもんでお開きにします(;^_^A

あ、これはあくまでも

個人の内面でのお話ですので。

あしからず。

 

 

お読みくださり、ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です