自己否定感が強い自分を変える方法とは?

今回は質問から。

あなたは自分のことをどう思っていますか?

単純に答えるなら好きか、嫌いかってこと。

その答えを覚えたまま続きをどうぞ!

自己否定の塊でした

 

自分のことを好きか、嫌いかって

そんなにハッキリ言いきれないと思うので

前置きをつけてみました。

『なんとなく好きかな』

『どっちかというと嫌い』

で、本心からの答えをみつけてね。

人前だと見栄をはってしまうから

意外と嫌いって簡単に選択してると思うのですよ。

 

と、前置きが長くなりましたが。

私は正直言うと

創作してる自分はOKで

子育てや人と関わる時、自分の性格とかに対して

嫌い・・・よりもダメだと思ってました。

もう、自分なんていなくなればいい。

そう思ったのは数知れず。

全力の自己否定ですねぇ。

そんな人間が子育てって・・・ダメでしょ!?とも。

 

そんな人間がなぜ今こうして

堂々と?自分の言葉を紡いでいるのか・・・

それはね。

数年に渡る

この自分をどうにか良くしようという想いから

行動してきた成果なのです。

・・・うん、多分ね(;^_^A

 

上手くいかないのはコレが大元にあるから

 

どうやらこの自己否定感

人生を困難なものにしているらしい。

じゃ、良くするためにはどうすればいい?

 

そう思ったので、まずは書籍に頼りました。

自己啓発やスピリチュアル系の書籍で

気になるタイトルのものをいろいろと。

一冊では腑に落ちなかったり、

読んだ後はわかったつもりでも

しばらくすると同じテーマの

違う人の本を手にしたり・・・。

そうこうするうちに

自己肯定感をつければ人生が良くなるらしいことが

大抵の本に書かれていることに気付いたのです。

それと

実際に書かれていることを

試さないことには何もならない!

そんな簡単なことにも気付いて

バカバカしいとか、恥ずかしいとかを

無視して本に載っていることを

実践してみました。

最初はよく分からなかったけど

繰り返すうちに

自分の気分の変化に気付いたりして

著者の言うことにも

一理あるんだとわかったのです。(失礼な・・・)

それからは

いろんな人のメソッドをやってみて

自分が楽に出来るものを

採用していきました。

 

実践と理論が大切

 

それと併せて

考え方もリニューアルしないとね。

実は、今の自分が自動的に考えることって

反射、習慣なんです。

だから、そこを変えるには

新しいものの見方や考え方を

使えるようにしなくてはならないわけです。

で、まずその一歩として知識を入れるのです。

この辺りは何度も繰り返して

体得していくしかない。

あ、落ち込んだ。

いつもなら自己嫌悪の嵐だけど

ここで、ちょっと待てよ、と。

この前の本には

こんなこと書いてあったっけ…

そんな感じで自分の思考、気持ちを

観察して軌道修正していく・・・。

ほんと、それだけ。

『感謝する』

『すべては上手くいっている』

そんな最初はハテナ?なことも

いつの間にか納得出来ていたりして。

学校の勉強もですが、普段のことでも

『理論』を理解して

『実践』することで

腑に落とす。

そうすると、身につくんですね。

 

やり方は自己流でOK

 

人それぞれ、自己否定感のレベルが違うし

タイミングとか受け取りやすさとか

様々な要因が絡まっているので

「はい、これからやるんだよー」

という教科書的なものはなく、

自分の気になった人にガッツリ入る人や

あれもこれもの人や(これ、私)

たまにやって休んでまたやっての人も。

どんなやり方でもいいし

別に今の自分でOKなら

わざわざ自己肯定感をつけようとか

しなくてもいいし。

自分からやるときって、

どうしても変えたい、やりたい』という

情熱が根底にないと無理でしょ。

たまたま私は変えていこうとしただけ。

そのタイミングがここ数年間だったというだけで。

多分、人生の道のりは

自己肯定感を高めるためにも

あるんじゃないかと思うんだよね。

何もしなくても真理をわかってたりするのは

人生経験から学ぶことが出来るからだよね。

だから、自己流でいいんじゃないのかな。

学ぶべきことがあれば、どうしても

何度も似たようなことが起きるもんね…(;^_^A

 

と、今回は大雑把な感じで書いてみました。

方法とか具体的なことは

今後少しずつ書いていくと思いますので

お楽しみに(?)

 

お読みくださり、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です