「下準備をすること」の価値とは?

ご訪問、ありがとうございます。

何かに取り組む時や

新しいことをする時によく言われませんか?

『準備しておけよ』と。

自分的にもタイムリーなので

ちょっと考えてみました。

『準備をする』意味

 

『準備』…前もって整えること。

実体験として多くの人が持っているのは

次の日の時間割をしておく、とか。

明日着る服を寝る前に用意しておく、とか。

お菓子作りは事前に材料を計量しておく、とかね。

もしかしたら、毎日結構な時間を準備に費やしているのかもしれません。

でも、準備してなかったら?

いざ取り組むときに倍の時間がかかったり、とか。

あわてて気に入らない服を着てお出かけすることになったり、とか。

時間割をしてなかったから、今日単語テストがあることに気付かなかった、とか。

…それなりの弊害がありそうですね(;^_^A

うん、やっぱり、準備って大切。

 

『準備をする』理由

 

上記の例では『準備する』=スムーズに事を運ぶため

って、意味合いが強いですよね。

その他にも意味があるとすると…。

『自分の不安感を少しでも解消するため』

『当日のだいたいの流れを掴むため』

『さらに必要なものがないかチェックするため』

…くらい?

あ、『当日ワタワタする自分はイヤだから』という理由もあるかも。

みっともない自分を人に見せたくない。

自分自身もテンパってる自分はイヤだから、そうなりたくない。

そんな体裁を理由にしていることもあるかもしれません。

 

『準備をする』程度

 

どの程度、『準備をする』のか?というのは個人によりますよね。

その人らしさが出る部分でもあります。

…私は、結構ちゃんとやる方でしょうね…(;^_^A

学生の間は時間割してからでないと寝ないし、

今でも明日の服を用意してから寝るし。

でも、その半面、時間を気にしないお出かけなんかは

結構電車の時間を調べずに出かけたりもします。

調べておいても1,2本早くいくことも多いけど…。

特に『初めてのことをやる時』は事前準備がかかせないですよね。

今、まさに初めての経験が目前に迫っているので、

事前準備を進めている最中ですが…。

当日、会場についてからの行動まで想像してますよー(;’∀’)

ただ、これね。

良いような悪いような、だと思いませんか?

シュミレーションするのはいいのですが、

初めての事って何が起こるか予想できないので

あれこれと別バージョンを想像してしまう。

そうなると、「あれもいる、これもいる…」となったり。

上手く対応出来るのかどうか、と不安感が増すようになったり。

気付けばそのことばかり考えていて、不安のループにはまってしまったりして…。

そして、さらに準備を…と。

キリがないですよね。

不安感が増幅するほど、準備しようとするのは本末転倒。

このあたり、さじ加減が必要な部分だと思いませんか。

不安感が出てきたら、そのことから距離を置くようにする。

今出来ている準備を振り返って、「今ここまで準備出来ているんだから大丈夫だ」と自分を落ち着かせる。

何事も同じですが、やはり渦中にいると冷静に物事をみれないので、

一歩離れる、というのはとても大事だし、そのタイミングも大事だと思います。

 

自分の弱い部分を知っていれば

どのくらいの準備で現実との折り合いがつくのか、

不安感が出る手前で辞められるタイミングはどのあたりなのか、

どう自分を納得させれば過剰に不安にならないのか、

など、応用は出来ますよね。

さほど深刻にならない範囲で現実がスムーズに動ける準備。

こんなとこでも、自分との対話が有効のようです。

 

 

お読みくださり、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です