日常という名のルーティン

ご訪問、ありがとうございます。

スポーツ選手が自分をベストな状態に持って行くために

日々、決まった動きをするのはご存知ですよね。

これって、何も特別な人だからやることでもなく、

その立場でないと使っちゃダメってことでもなくて。

いわゆる一般的な私達もやってる事なんじゃないかな?と気が付きました。

*****

 

日常生活を滞りなくするには

細々としたことでも

やらなくてはいけないことってありますよね。

主婦なら、日々の食事とか洗濯とか。

困らない程度の最低限のことはしなくては、と

しんどい気持ちを持ちつつやったりしてたり。

 

朝、目が覚めてもまだ何だか眠くて。

でも、出掛けなくてはいけないからってことで

えいやっと起きる。

で、眠いんだけど、体もなんかまだ寝てるんだけど

毎朝やっていることをこなしているうちに

段々目が覚めてくる…。

*****

 

こういった経験は、多かれ少なかれほとんどの人がしてると思います。

そして、嫌々ながらもなんとなくやっているうちに

自分なりの順番やルールが出来上がっていて

特に意識しなくても体が動くようになってたりします。

 

自転車の乗り方みたいな感じといえば

わかりやすいかな?

上手く自転車に乗れるようになるまでは

意識していないとダメだけど、

すっかり体得出来ちゃうと

何も考えなくても乗れますよね。

何年も自転車に乗ってなくても

すぐ乗れたりするし。

それと同じで、日常的にやらなくてはいけないことって

意外と無意識に出来ることも多いと思うのです。

*****

 

で、心に何か不安や問題を抱えている時に

家事をしているうちは忘れていたってことも

わりと経験していることだと思います。

無意識にやれるといっても

目の前の事なので、様々なことを考えてるわけです。

それに意識が向くと

ずーっと考えていた不安や心配事は一旦ストップ状態になり、

目の前のことについて考えだすのです。

 

…これを上手く使えば、

気分が変わる。

心配事を忘れる時間が出来る。

無心になったりも出来る。
そして、なにか大切な気付きが降りてくることもあるかも。

…といったきっかけ作りのひとつになるんじゃないかと。

ルーティンというと大げさだけど、

普段からやっていることを

わざと意識的にやることで

自分の気持ちの方向を変える。

そういう使い方もアリかと思います。

一度試してみてはいかがでしょーか?

 

 

お読みくださり、ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です