心の容量はある程度決まっている

ご訪問、ありがとうございます。

心配、不安…そういったものに頭ん中がいっぱいになっちゃうこと、

誰にでもありますよね。

それなのに、やること満載で「はあ、しんどい」って気分に

なることも多々(-_-;)

どうしてそうなるのか?を簡単に解説してみました。

*****

そもそも。

心の容量が人それぞれ違うっていうことをご存知ですか?

体力に差があるように、心も個人で違うわけです。

たくさんの事を同時にさばける人もいれば、

ひとつひとつ集中してやらないと出来ない人がいるように。

まず、器の大きさが違うんだってことを覚えてくださいね。

で、その心の器。

きっと、毎日考えることありますよね。

献立とか、好きな人のこととか、宿題とか、友達とか。

毎日、毎瞬、なにがしかの事を想ってますよね。

それが日々使っている心の器の容量、エネルギー量で

それは毎日繰り返すことによって、

使用量がだいたい決まっているわけです。

使い込まれた量の範囲なら、さほど苦労することなく

考え事が出来るんですね。

*****

 

で、そこへ突発的な心配事や

ふいに思っちゃった不安感とかが入り込むと…。

どうなると思います?

いつも使っている容量より、その分多く使う事になりませんか?

心の器を。

毎日の考え事にプラスして、新しい考え事が増えるわけですね。

しかも、不安感とか心配だとグルグル思考になりやすい…。

なんとなく容量をくうイメージ湧きませんか?(;^_^A

で、考える時間が長引けば、長引くほど当然容量も使うわけで。

心の器ギリギリ一杯使う日々が続けば…そりゃ、疲れたってなるよね、と。

*****

 

そんな感じなのではないかと(;^_^A

わかりやすく表現しようとするならねー。

で、この消そうと思ってもなかなか消せない不安や心配ですが。

とりあえずの応急処置的に

ノートに書きだす』のがおススメかと。

メモすることで、脳内から出したことになるんです。

そうすることで、心の容量を少し空けることが出来ます。

ただ、一度やったからといって

二度とそのことを思わないというわけではないので

その都度対処は必要になると思います。

んでも、一番手っ取り早いかなと。

それと、人に話すのもアリですよね。

これは内容と相手を選ばないとダメだけど(;^_^A

グルグル、しんどくなってきたら

アウトプットする!

それを習慣にすることで、心の健康を保つわけです。

よかったら試してみてね。

 

 

 

お読みくださり、ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です