【作品解説】Rainbow in the Box

ご訪問、ありがとうございます。

2018年年末辺りに思いついたイメージをようやく作品化することが出来ました!

制作工程やら、なんでBoxなのか、つれづれと書いてみることにします。

ちなみに、この作品では初の試み!の動画を作りました。

そちらも併せてお楽しみくださいね~。

では、制作現場からお届けします。

*****

 

Rainbow …虹、といえば、光のスペクトラム。

太陽光のすべての中に隠れているんですね。

てことは、世の中、虹色の光まみれ。Rainbow シャワーですねぇ。

そういうことを暗に知ってるからってわけじゃないけど、皆さん『虹』お好きですよね。

特別視しちゃいませんか?

ごく稀にしか目に出来ないから、とても貴重な感じもするし。

でも実際は、見えないだけで普通に存在している…。

これって、人間にも当てはまるよね。

例えば、その人の内面的世界。

一人ひとり、違う世界がちゃんとあるのに、その人を判断するのは大抵外に出てくるものだったりする。

例えば、空気。

なくなったら、人類滅亡だよ。それくらい貴重なのに、普段誰も意識してない。

あって当たり前のもの。

だからね、『これは大切なんですよ』の意味を込めて、重箱に収めてみました(ここにハートマークを付けたいけどバグるので、読んでる方のほうでつけておいてね。イメージで)

しかも、これは完全なる円の虹。どれだけ貴重かってね…。

そして、大切なものなので、Boxも高級感を…って思ったら、やっぱ漆塗りかなと(単純?)

どうぞ、あなたの大切な人に。

『大切なんだよ』という気持ちをしたためて。

そんな場面に使ってもらえたら本望です。

★サムホールサイズ

*****

 

で。ここからは制作過程をちらりと。

まずは、キャンバス選び。

ツルツルした表面がいいなってことで、ポリプロピレン合成紙のユニペーパーパネルを選択。

ツルツル~。

まずは重箱風に枠を艶出しグロスポリマーメディウムを足して。

で、肝心な虹は透明感が欲しかったので、ジェルメディウムを初導入。

…アイスについてくるようなプラスチックスプーンでなんとか虹を…(泣)

最初の虹…ぼーこぼこ(泣)

表面がデコボコだし、色味がキツイので、間にグロスポリマーメディウム入りパールホワイトを挟み、さらにジェルメディウムを。

初回の作業で懲りたので、パレットナイフを購入して虹を盛りました(笑)

ジェルメディウム塗った直後は真っ白だよ。

で、箱の中の感じと虹の周りをどう表現するか迷ったんですが…結果、完成系のようになりました。

…光の表現は難しい…(泣)

*****

 

しかし、これ…ある程度の光が当たることで完成するようです(汗)

部屋の電気があまり届かないところに置いた時はなんか物足りない感があったんだけど、日中の明るさの中ではそんな感じがしないんですよ。

絵と光で完成するアートってことみたい(笑)

意図せず、そうなりました。

虹のアップ

そして、そして。

動画アプリを使って作品アピール動画を作りました。よかったらこちらも楽しんでくださいね。

  

Youtubeにチャンネル作りました!

 

 

お読みくださり、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です