【エブリスタ】『想視線』について思う事①

ご訪問、ありがとうございます。

エブリスタ作品については、ついついエブリスタ内でコメントしてスッキリしちゃうから、こちらではあまり語らないかも…と思ったので。

現在連載中の作品、『想視線』について書いておきます。

2019年6月3日(月)より第9話をスタートさせました。

…長いですねぇ。連載期間も話も(笑)

*****   

自分のメモをみると、第1話を始めたのは…2013年10月10日(笑)

足掛け6年…ですか。ううむ。

この作品オンリーで創作をしているわけではないし。

まだ放送大学に入って1年くらい?なので授業がいくつかあったり。

パートに行ってたり、化粧品のカウンセラーとしてのお手伝いもあったりして。

それに普通に家事もしてるし、実家行ったり、実の父が亡くなったりと…まあ、いろいろあげることは出来るんですが。

一番の遅さの原因は……。

枠組みはあるものの、細かいところを全部詰めてないから(笑)ですよ~。

結構な自転車操業なんですね。じつのところ(あ、幻滅した?)

その、枠組みもですね、出来たのは20代後半…。

いつかは作品にしたいという気持ちはあったんですが、どうにも思いつかないんですよね。

始まりやポイントとなる場面やラストに向かうところとか…決まっているところはあったのですが、それに至るまでの間が浮かばなかったり、自分の知識外のことがあるしで。

未来の話なので、自分で勝手に考えちゃえばいいんでしょうが…そのための現在の知識がないのでそうもいかず、関連しそうな本を探してはとりあえず読んでました。

あとねー、結構難航したのが主役の絵姿でした。

私はご承知の通り漫画を描いていたので、小説を描く時にも主要人物の顔は決めておくんです。その方が動かしやすいのと、自然と浮かんでいるっていうのもあるけど。

主人公2人については、同人誌をオリジナルで作っている時に(友達と組んでました)使っていた2人を使用することに決めて、いざ描いてみると…。

告乃は浮かぶ動きそのままでOKだったんですが、聖河は…なんか違う(泣)

求めるイメージにならないんです。

まー、試行錯誤(笑)。とりあえず今のような絵柄に落ち着きましたけどね。

いまだに上手く描けない聖河くんだよ…(泣)

****  

とと。あれれ?なんか長くなっちゃいましたねー。

とりあえず、①って付けておいて気が向いたら裏話していこうかな♪

最後にサービス?を。

舞台裏をお見せします~。

9話用に描きましたが…やっぱり顔が違うってことで、ボツになりましたー。

   

まだ読んでない人も、よかったらどうぞよろしくです。

私の小説作品は、わりと軽く読めると思います…って、主観的意見ですけどね(笑)

では、では。

  

お読みくださり、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です