『いい気分』への道

ご訪問、ありがとうございます。

このところ、現状から変化する時に思う事なんかについて書いてきましたが、今日はちょっと別視点からのお話です。

 

自己啓発やスピリチュアルへの導入のきっかけとして、現状を何とかしたい!という強い望みがあると思います。

そこには、ネガティブな要素があるからそう思うわけですよね。

では、ポジティブな時はどうでしょうか。

大抵の人は『変わりたい/変えよう』とはならないと思います。

ポジティブな時って、現状にだいたい満足していますよね。

じゃ、なぜ『ポジティブな、いい気分』になったのでしょうか?

これを自分に説明できます?

具体的な体験があって、気持ちが上向きになるのは当然です。

でも、起き抜けから『いい気分』の日もあったりしませんか?

ま、その逆も然り、ではありますが(;^_^A

ネガティブになるきっかけは自覚しやすいけど、ポジティブになるきっかけはつかめない事が多いのではないでしょうか。

「お、今日は調子いいな」って思うくらいで、何が原因でそうなっているのかまでは考えませんよね。普通。

 

*****

もしかしたら、すごく些細な事の積み重ねが『いい気分』にしてくれたのかも。

信号が青続きだった。

頼んだ飲み物が自分の好みにピッタリだった。

天気がよくて、風が爽やかだった。

服のコーディネートが自分的に完璧だった。

…などなど。

無意識にとってる行動が、自分の無意識の望みと合致したのかもしれません。

でも、意識的にすることもありますよね。

ここのケーキ食べると元気になるんだよね。

この香り好きだし。

この曲聞くと楽しくなる。

…とかね。

その人なりの『いい気分』へシフトさせてくれる物・事は必ずあります。

棚ぼたや偶然人から受ける恩恵などの自分ではどうしようもないもの、ではなく、自分で選べて自分が欲した時に出来る事。

それを自覚して幾つかそろえておくのは大切だと思います。

特に年齢を重ねるごとに必要になるんじゃないかなと。

やっぱり年と共にしんどいことも増えていきますからね、その時にどう自分をコントロールしていくか。

メインで動く側に立つ時も、人の手を借りないといけなくなった時も、どういう自分を維持するかってとても大切なことだと感じています。

どんな状況に陥っても、機嫌よく居るのは周りの為にもなるし、一番は自分のためにもいいと思うんですよね。

自分の限られた時間の中で、『いい気分』でいる時間が多いほど「いい人生だった」と言えると思うし、しいては世界平和にも繋がりますから結構重要かも。

 

*****

まず、自分の心を満たす簡単なモノから見つけていくこと。

どこかへ行くとか、高価な買い物とか、素敵な彼氏・彼女とかではなく。

例えば、一杯のコーヒー、大好きな曲、空を見上げる、毛布にくるまるとか。

眉間にシワ寄せてグルグル思考に気付いたら、ちょっとやってみる、ゆっくり丁寧に味わうように…。

そうすることで視点が変わったり、気分も変わってひらめいたり、大きな視点で物事を見れるようになるかもしれません。

単純になんかスッキリした、って状態になれたりも。

気分を変えて、改めて取り組むことで成果をあげることが出来るかも…。

 

自分の好きな人、モノ、については知ろうと積極的に人は動くけれど、自分に対しては結構無頓着ってこともあるので。

今、この瞬間も感じられている『自分という存在』とは、それこそ一生涯ともに居るわけですからね。

もっと、もっと、知ろうとしてあげる。

もっと、もっと、いたわってあげる。

そうしているうちに、まわりにもいい影響を与えることが出来る…。

そんないい好循環を巻き起こせるといいですよね。

 

え?私?

手っ取り早く気分を変えるのは、音楽ですね。

あとは香り。

オーラ・ソーマのポマンダーというものはかなり重宝してます。

エネルギー的な支えというか、精神的にも効いてくる気がします。

皆さんもいろいろ探してみてくださいね。

きっと、困難を乗り越えるための道具のひとつになると思うから。

 

 

お読みくださり、ありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です