星の動きにあわせて

ご訪問、ありがとうございます。

突然ですが、2011年3月12日は

牡羊座に天王星が入った日付けです。

ここからの7年、振り返ってみましょうか。

何故か?は後程…ってことで。

今まで通り一遍だった星占いも

いまでは様々な『星読み』さん達が情報発信されていて

簡単に今の流れ的なことがわかります。

で、私も数名の星読みを読ませて頂いてまして

…今回はそこからのお話です。

牡羊座は『自己』、天王星は『改革』

 

で、前述の2011年3月12日に

天王星が牡羊座に入ったのですが。

この意味合いというのが目次?にもある通り

牡羊座は『自己の確立』的な意味合いを持ち、

天王星は『改革、破壊』の意味を持つのです。

なので、この二つを合わせて読むと…

自己改革

今までの自分を破壊していく

新しい私を造る時間…

そんなイメージだそう。

そして、2018年5月中旬には

7年周期の天王星が牡牛座に移動するので

『収入革命』が来るとか言われています。

牡牛座はある意味金融、経済的な部分を象徴しているので

そこに天王星が来るということは

収入の得方、金融業界、仕組みの変化などが

考えられるそうです。

世の中、どうなるのか楽しみですよね。

 

天王星牡羊座時代の『わたし』

 

それで、この切り替わりのタイミング。

振り返ってみたのですよ。

今の自分に繋がる過去の自分はどうしていたっけ?と。

2011年3月といえば、東日本大震災ですよね。

あの地震の時はブログをやっていたので

自分なりに出来ること…と思って

『笑顔』を筆ペンで描いてあげていました。

少しでも気持ちがほっとするように…と思って。

(これが下地になったエブリスタ作品があります)

で、気持ち的には日々何考えていたんだろう?と

スケジュール帳を探したら…

ちょうど2011年分から残してありました。

パラパラ…見返してみると

いろいろ思い出します。

すっかり忘れてましたが

掃除のパートに行き出したのもこの頃です。

社会的な自分を手っ取り早く手に入れたのですが

いかんせん仕事内容がね…(;^_^A

持病の腱鞘炎(両手首、両肘)がひどくなってきて

このままでは絵も描けない、箸も持てなくなりそうで

3年でやめましたっけ。

それとか、やっぱり内面的な部分を

『どうにかしないと。何とかしないとダメだ』と思って、

本を読んだり、ヨガに通ったりしてますね。

この頃にオーラ・ソーマとも出会ってますし、

今お世話になっているヒーラーさんも出会ってますねー。

創作活動も少しずつ広げていこうと思い

取り組んでいった時期でした。

あ、放送大学に入ったことも大きいですね。

心理学をちゃんと学術的に勉強し始めたんですよ。

7年の成果は…

 

それと、その時は星読みも知らなくて

数秘学を参考にしながら生活してました。

それでも、毎日ちょっとした指針があることで

自分に対してやまわりに対しての

切り口、視線が変わることがあって

ほんとに微々たるものでしたが

日々気付きがあって、また同じこと思って、

また気付く…そんな繰り返しの毎日でした。

それは今でも変わらないことですが、

改めて振り返ってみると

一応?自分なりに変化しているのが

わかりました。

その頃に出会ったいくつかのものが

今手元にあるかというと、そうでもなく。

時間とともに、自分の内面の成長とともに

振り分けていったんだと思います。

だから、今使っているツールややっていることは

今の自分にとって、必要で大切なんだな、と。

 

自己改革は成功か?!

 

…うーん、こればっかりはわかりませんよね(;^_^A

目次にしておいてなんですけど。

でも、現時点でこうしてサイトを作り、

クリマに出ようとしていたり、

エブリスタを続けていたり…。

こういうことを今やっている自分は、

今までの7年がなかったら

もっと規模が小さかったと思うのです。

実際、今後残りの人生に創作活動を伴走させる

と決めたのは2014年なんですね。

そして、去年あたりから

外に出ていくことを考えるようになったので

クリマに参加することを選んだわけです。

だから、子育て一辺倒でグダグダしてた自分を

創作への道を作ったっていうことで、

この7年の試行錯誤は失敗じゃないし、

無駄じゃなかったのだなと思います。

…ただ、やっぱり揺さぶりはあるわけで(;^_^A

今でも内面はてんやわんや~だったりします。

でも、仕方ないか。

この反応の仕方が私なんだから。

…と、てんやわんやな心が落ち着いたら

思えるようにもなりました。

正直、繰り返しと訓練ですね(;^_^A

技術も心の問題も(笑)

 

 

 

お読みくださり、ありがとうございます。

どうぞ、振り返ってみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です